お菓子屋さんの『あいうえお』
菓子屋が綴る、小さなお菓子屋さんの作り方。 私の体験をもとに開業・経営に役立つ ノウハウや情報を発信しています。
STEP1.菓子作りをビジネスに

お菓子屋さん開業の責任。PL保険・生産物賠償保険と施設賠償責任保険は必須

シトロンくん
シトロンくん
『PL保険・生産物賠償保険』『施設賠償責任保険』ってなんだ?聞いたことないよ?

最近ではWEBを利用して簡単にお店が開けるようになった事で大きなリスクを背負わなくてもお店が持てるようになり、お店を持つハードルが低くなりなりました。

  • しっかりと修行を積んだ方だけで無く
  • 独学でお菓子を学んだ方
  • お菓子教室でお菓子を学んだ方
  • 副業でお菓子屋さんをされてる方
  • いきなり独立された方

 

色んな方が経営するお菓子屋さんがどんどん増えています。自分の夢を形にする事は楽しくて、『美味い!』と言って頂けると嬉しい気持ちになります。

しかし、素人と違い、お菓子作りを仕事にすると言う事は同時に責任も生まれます。食品全般に言えますがお菓子も勿論、人の体内に入るものです。

  • 異物が混入による健康被害を起こしてしまった
  • 食中毒による健康被害を起こしてしまった

健康被害者や死者を出してしまった場合、損害賠償は1億円以上になることもあります。あなたは、責任を取れますか?

 

自分が気を付けていても従業員が起こしてしまったら?思いもよらない場面で事は起きてしまうもの。そんなときの為に備えるのが【PL保険・生産物賠償保険】【施設賠償責任保険】です。

WEB上で自分の作ったお菓子を販売する、沢山の小さなお店を見ていると【PL保険・生産物賠償保険】【施設賠償責任保険】に加入してるのかな?と心配になります。

 

私自身、独立開業を準備している段階で先輩に『保険の存在』を教えて頂き、加入しました。

縦や横の繋がりがあったから『PL保険・生産物賠償保険』『施設賠償責任保険』の存在を知る事が出来ましたが、そうでなければ存在を知らない為、検索すらしなかったと思います。

 

もしも事が起きてしまった時、お店は廃業に追い込まれ、被害者や自分自身の家族、関わった全ての方が路頭に迷う事になります。今回はお菓子屋さんを営む責任について解説して行きたいと思もいます。

 

後ほど詳しく解説しますが、私は三井住友海上のビジネスキーパーに加入しています。PL保険・生産物賠償責任補償などをつける事で第三者に与えてしまうかもしれない損害も補償。万全の体制で菓子屋を運営しています。

店舗総合保険・火災保険は自身のお店に必要な補償内容を選びましょう。店舗総合保険・火災保険の無料見積もりはこちらから。(法人の方〜から見積もりが取れます◎)

PL保険・生産物賠償保険とは

 

生産物賠償責任保険(せいさんぶつばいしょうせきにんほけん、PL保険)は第三者に引き渡した物や製品(Product)、業務の結果(Completed Operation)に起因して賠償責任を負担した場合の損害を、身体障害または財物損壊が生じることを条件としてカバーする賠償責任保険である。

Wikipedia

 

PL保険・生産物賠償保険の対象事例

例えば、次のものがこの保険の対象となる。

  • お菓子を購入したお客様が帰宅後お菓子を食べた後食中毒を発症し入院させてしまった。
  • お菓子を購入したお客様が帰宅後お菓子を食べた後食中毒を発症し死亡させてしまった。

 

 

 

PL保険・生産物賠償保険の内容

保険は契約内容により変化する為、一概には言えませんが、大まかにPL保険・生産物賠償保険で補う事ができる内容は以下となります。

PL保険・生産物賠償保険補償内容
  • 被害者に支払う損害賠償金(裁判での確定・和解・示談で金額が決まった場合)
  • 販売してしまった商品の回収にかかった費用。
  • 裁判を起こされた際にかかる訴訟費用・弁護士費用・調停・示談金など。

見舞金等は対象外となります。

 

 

食中毒や死亡事故の可能性はゼロではない。

自分が作ったお菓子は衛生面に気をつけているから食中毒なんて起きない。
そう思っている方も、事故を起こしてしまう可能性はゼロではありません。

事故のほとんどは自分が想像しなかった事から起きるからです。

 

 

 

 

 

 

クッキーは火を入れてるから大丈夫は間違い。

『テイクアウトの生菓子』を販売するお菓子屋さんは、製造過程に加熱作業が入らない物があったりします。

お客様の口に入るまで時間がかかる為、他の飲食店よりも、より衛生面に気をつけなくてはなりません。

では、高温で焼成している焼き菓子屋さんならば、その心配はないのでしょうか?
高温で焼き、乾燥した状態の焼海苔から起きた事故を例に考えていきましょう。

 

 

乾物屋さんで起きたノロウイルスの食中毒

2017年、学校給食で提供された『刻み海苔』が原因で1193名がノロウイルスの食中毒を起こしました。高温で焼き、乾燥した状態の海苔からノロウイルスが混入すると想像もつかない事故でした。

事故原因は、ノロウイルスに感染している可能性があった製造者が素手で袋詰めをしていた事によるものでした。

  1. 手袋をして袋詰めしなくてはいけない所を効率性を重視して素手で詰めてしまった事。
  2. ちょっと具合が悪かったけど、ノロウイルスだとは気づかなかった事。
  3. まさか、乾燥している海苔で菌の繁殖は起きないとたかを括っていた事。

全てが事故を起こしてしまった一因でありながら、事故を起こした本人も世間も
まさかの海苔からの食中毒でした。

 

 

事故を起こすのは自分とは限らない

お菓子屋さんを運営していく上で、自分自身が最大限に気をつけていたとしても、事故を起こしてしまうのは自分自身とは限りません。

社員やアルバイトの方が起こしてしまったり、手伝いに来てくれた家族が起こしてしまう可能性もあります。

誰が起こした事故だとしても、お菓子屋さんを運営しているあなたの責任です。

その損害賠償を支払う事が出来なければ、お店は廃業に追い込まれ、被害者や自分自身の家族、関わった全ての方が路頭に迷う事になります。

 

 

 

PL保険は車の自賠責保険の様な存在

食品を扱うからには責任がある。

保険は一般的に、何かあった時の安心の為に入る物だと思いますが

『PL保険・生産物賠償保険』は、車の保険同様、自分以外の誰かに危害を与えてしまう可能性がある者として、入らなけばいけない責任。

 

どんなに小さなおでも、その責任を負えるだけの備えをしておく事が、食品を販売する経営者の最低限の責任です

店頭総合保険・火災保険の無料見積もりはこちら『一括見積もりへ』の赤いボタン下『法人の方はこちら』という項目から店舗総合保険の無料見積もりが可能です(三井住友海上のビジネスキーパーの取り扱いがあります

 

 

 

過去の食中毒事故の事例

公になっている食中毒事故では、以下の様な事例があります。

引用:HACCP の考え方を取り入れた菓子製造業 における衛生管理計画作成の手引書HACCP の考え方を取り入れた菓子製造業 における衛生管理計画作成の手引書(全日本菓子協会/全国菓子工業組合連合会 全国和菓子協会/(一社)日本洋菓子協会連合会 協同組合 全日本洋菓子工業会)

 

 

衛生を保つために欠かせない2つ

パストリーゼは殺菌、消毒は欠かせないお菓子屋さんの現場では多様されています。
殺菌アルコールにも種類があり、食品に使えないものもあります。パストリーゼは食品にかかっても害がない為、安心して使えます。

ゴム手袋は食品に使える手袋と、使えない手袋があるので注意して購入してください。

 

 

 

 

施設賠償責任保険

施設所有管理者賠償責任保険は、施設の所有者・占有者が負担する恐れのある賠償リスクや、業務遂行中の事故に起因して負担する恐れのある賠償リスク、つまり「施設」に関するリスクをカバーする賠償責任保険である。

Wikipedia

 

施設賠償責任保険の対象事例

例えば、次のものがこの保険の対象となる。

  • お店の看板の整備に不備があり落下し、通行人に怪我をさせてしまった
  • 陳列棚から商品または装飾品が落下し、お客様に怪我をさせてしまった
  • 商品を運んでいる途中にお客様に接触して怪我をさせてしまった
  • 台風で看板が飛んで通行人に怪我をさせてしまった
  • 店で使っていたプロパンガスやガスバーナーが爆発し、隣家の塀が焼けてしまった
  • 店舗の水道を閉め忘れ、階下へ浸水しさせてしまった

 

 

施設賠償責任保険の内容

保険契約により内容が異なる為、一概には言えませんが、大まかに 施設賠償責任保険で補う事ができる内容は以下となります。

施設賠償責任保険補償内容
  • 被害者に支払う損害賠償金(裁判での確定・和解・示談で金額が決まった場合)
  • 応急手当や護送などに必要な緊急措置費用
  • 裁判を起こされた際にかかる訴訟費用・弁護士費用・調停・示談金など。

 

 

 

思いもよらない事故が起きる可能性。

日々の整備をしとかりと行い、怠っていなかった場合でも、台風で看板が飛んでしまう可能性もあります。故意では無くても、いつ、どんなシチュエーションで事故が起こってしまうか分かりません。また、その可能性はいつでも、ゼロではありません。自分が気をつけていても、スタッフが起こしてしまえば、経営者の責任になります。

 

店内を改装する際には内装制限というものがあります。『内装制限と消防法』については以下で詳しく解説していますのでご参照ください。

内装制限と消防法。お菓子屋さんの厨房には何年経っても綺麗が保てるキッチンパネルがお勧め お店を開業する際、機材や道具のことは考えるでしょうが、 床や壁・天井の素材までイメージされてる方は少ないのでは...

 

 

 

 

私が選んだ保険会社

ビジネスキーパー

引用:三井住友海上のビジネスキーパー

お菓子屋さんの運営において、どのようなリスクがあり、それをどこまで火災保険でカバーして何を特約としてつけるべきかを、信頼できる専門家に相談し、補償内容を組み立ててもらうことをおすすめします。

私のお店では、三井住友海上のビジネスキーパーという保険に『生産物賠償補償特約・賠償責任等補償特約・店舗休業補償』をつけて利用しています。ビジネスキーパーは自分のお店に合わせて契約内容をカスタマイズする事が出来ます。(建物の火災保険に付帯しています。)

※保険代理店によって契約している保険会社が異ります。三井住友海上のビジネスキーパーの取り扱いのない代理店もありますのでご注意ください。

 

無料で見積もりをとる

下記バーナーより一括見積サービスへアクセスし、『一括見積もりへ』の赤いボタン下『法人の方はこちら』という項目から店舗総合保険の無料見積もりが可能です(三井住友海上のビジネスキーパーの取り扱いもあります

 

 

 

 

 

契約の裏技?

『生産物賠償補償特約・賠償責任等補償特約』単独で保険に加入するよりも、店舗総合保険に加入し、特約で『生産物賠償補償特約・賠償責任等補償特約』を付帯し、まとめる事で、保険料が削減可能です。

更に、まとまった金額を用意できるのでしたら、1年毎に契約せずに、5年や10年など長期間の契約をおすすめします。長期間の契約は長期割引が適用され、かなり割安になります。仮に、5年たたずに解約しなくてはならなくなったとしても、契約が経過してない分の契約料は返金されるからです。

 

火災保険については通常は不動産屋さんで進められる保険に加入する事になりますが、そこが注意点です。不動産屋さんは、貸しだす店舗さえ補償されれば良いと考えていますが、お菓子屋さんはそうではありません。

お菓子屋さんとしては、店舗・什器・商品・事業・お客様も含めて補償される店舗総合保険に入らなくてはなりません。それらの保険をバラバラに加入するよりも、一括して加入した方が割安になることも覚えておきたいポイントです。

 

火災保険を含む、店舗総合保険について店舗総合保険については以下で詳しく解説しておりますので、合わせてご参照下さい。

お菓子屋さんが必ず加入する店舗総合保険=事業用火災保険 | 店舗・什器・商品・お客様を守るお菓子屋さんを運営する上で、必ずはいらなくてはいけないのが火災保険です。火災保険はテナントを借りる際に義務で加入しなくてはなりません。...

 

 

保険は見直しも可能

保険は見直しが可能です。見直しとは、一度加入した保険より良い保険を見つけたら、乗り換える事が可能という意味です。

ほとんどの場合、乗り換え時に支払った保険料の未経過分が戻ってくるので無駄にはなりません。(支払い状況により変化する場合もあるので専門家の方とよく相談してください。)

物件契約時に不動産屋さんに勧められれがまま火災保険に加入してしまうパターンが良くあります。不動産屋さんは建物の補償しか考えておらず、あなたの機材やお客様の補償まで考えてくれません。

もし、不動産さんに勧められるがまま火災保険に加入してしまい、店舗総合保険に加入していなかった場合は専門家に依頼し、見積もりしなおして貰いましょう。

 

店舗が無くてもPL保険・生産物賠償保険には加入するべき

店舗を持たない場合でも、第三者に食品を提供する場合はPL保険・生産物賠償補償保険には加入しておく責任があります。

火災保険・PL保険・生産物賠償補償特約・賠償責任等補償特約などバラバラに加入するよりも、一括でまとめる事で費用を抑える事が可能です。

自身の経営に見合った細やかな対応は専門家の方に相談しましょう。

 

 

 

 

知らなかった方は今からでも!事が起きたら手遅れに。

知人でレストランのオーナーシェフは、開業後7年間お店を経営されていましたが、この保険の存在は知らなかったそうです。

7年目にたまたま同業者と話している際に『PL保険・生産物賠償保険』『施設賠償責任保険』の話題になった事で存在を知り、慌てて加入したそうです。「加入せずに経営していた自分が怖い」と話していました。

お店を開業する際は『沢山の手続き』や『やる事』があります。独立開業する事をスタート地点として、そこに向かって準備してると『生産物賠償保険や施設賠償責任保険』は目に入りにくい存在ではないかと思います。

 

お店が大きい・小さいのサイズに関わらず、第三者に食品を提供するという事は、命に関わる事であり、責任を伴う事です。普通に生活してると出会う事のない、『PL保険・生産物賠償保険』『施設賠償責任保険』

事故が起きない様に、衛生や所有物の管理をしっかりする事は勿論大切な事です。しかし、自分が予想もしなかった事で事故は発生します。事が起きたしまってからでは遅いです。

存在を知ったタイミングが加入のタイミングです。保険に加入し、事に備えた上で万全の体制で運営していきましょう。

店頭総合保険・火災保険の無料見積もりはこちら『一括見積もりへ』の赤いボタン下『法人の方はこちら』という項目から店舗総合保険の無料見積もりが可能です(三井住友海上のビジネスキーパーの取り扱いがあります

無料見積もりサービスはこちらから

 

 

 

 

保険は経費計上の可能

ここまでで解説してきた保険は事業で必要な保険です。

上記のように、事業に必要な経費は経費計上が可能です。『火災保険・店舗総合保険の経費計上』については以下で詳しく解説しておりますので合わせてご参照ください。

経費計上で上手に節税│お菓子屋さんの火災保険と店舗総合保険 お菓子屋さんを運営する上で、必ずはいらなくてはいけないのが火災保険です。火災保険はテナントを借りる際に義務で加入しなくてはなりま...

 

 

 

 

まとめ

◉事故が起きたらお店は廃業に追い込まれ、被害者や自分自身の家族、関わった全ての方が路頭に迷うことになりかねない。

◉『PL保険・生産物賠償保険』は食品を製造・販売するなら最低限加入するべき。

『施設賠償責任保険』は店舗を持つならば加入すべき。

◉火災保険や休業保険火災保険や休業保険に『PL保険・生産物賠償保険』『施設賠償責任保険』特約を付帯する事で保険料がおさえられる。

お店を経営していく上で、何か起きてしまった時に他者に与える影響の責任を常に考え経営していく事が大切です。

※保険代理店によって契約している保険会社が異ります。三井住友海上のビジネスキーパーの取り扱いのない代理店もありますのでご注意ください。

 

yuuki
yuuki
保険の加入は、プロとして商品を販売する為の最低限の責任だと私は思うよ

お店を運営して行く上で、準備段階からコンセプト設定やブランディングを行い、他店と差別化を行っていくことで、小さなお菓子屋さんでも運営がうまく進むようになります。

お店の運営についてのマーケティング戦略は以下で詳しく解説しています。

攻略 | 小さなお菓子屋さんのマーケティング戦略【売り方を学ぶ】 小さなお菓子屋さんであっても、闇雲にお菓子を作る訳ではなく、マーケティングが大切です。 しかし…菓子職...

これから開業を予定しているという方は、『お菓子屋さんの開業手順(資金計画〜オープンまで)』で開業手順を詳しく解説しています。

お菓子屋さんの開業手順(資金計画〜オープンまで)【パティスリー ・焼き菓子屋さん・デセール】 お菓子さんを開業するにはやらなければいけないことが沢山あります。一度に考えると途方に暮れてしまうので、まず流れとやらなければいけ...
amazonで上手にお買い物♪

まとまった金額のチャージで最大2.5%
ポイントがもえる!

amazonでお買い物をする際はamazonギフト券へ
現金チャージをしてから支払う方がお得♪

amazon Payが使えるサイトならamazonギフト券の残高から支払いができるので、
多めにチャージしてもお財布代わりに!

 

amazonチャージでお得に買い物♪

\現金チャージでポイントアップ!/

 

  • コンビニ・ATM・ネットバンキングでチャージした場合のポイント率!
  • クレジットカードでチャージは、還元率が0.5%になるので注意!
  • 開設から30日以内のamazonアカウントは対象外!
NEW TOPIX
ビジネスプランのおすすめポイント

私のお店は、実際にジンドゥービジネスプランを利用しています。

◉ホームページもオンラインショップもひとまとめにできる。

◉かっこいいホームページが、簡単にできる。

オンラインショップの販売手数料がかからない。

◉コスパが最高。

◉ブランディングがしやすい。

◉バースデーケーキの予約ページで予約が増えた。

お菓子屋さんの『あいうえお』編集長
yuuki
🍋好きなお菓子*タルトシトロン 🍋現在の仕事*お菓子職人・お菓子屋経営者 🍋職人歴*21年 🍋独立*10年目🍋 0からの立ち上げ経験*3店舗 🍋海外渡航歴*フランス4年間
\ Follow me /